「地籍調査」とは

kui2不動産のお仕事をされている方などは、「地籍調査」という言葉をお聞きになったことがあると思います。一人一人に「戸籍」があり、両親はもちろん祖父・祖母やその上の世代でどのような婚姻等がなされ、それによって自分が今ここにいるのかを確かめることができるのと同様に、土地に関してもそれまでの所有者の名前や売買の履歴等、現在までのいきさつを謄本等で知ることができます。

ただ戸籍と違い土地というのは、現在までの経緯のほかに土地そのものの「地積」が大きく関係してきます。「戸籍」には身長・体重等は記載されていませんが、土地に関しては登記簿謄本にその大きさ「地積」が記載されます。その「地積」の大小によって、固定資産税や相続税、遺産分割等に影響があるのはご承知の通りだと思います。では「地籍調査」が行われることによって、保有している土地にどのような影響があるのでしょうか。そこで今回から数回にわたり、「地籍調査」とはどういうものか、についてお伝えをしていきます。

このページのコンテンツを書いた相続士

澤田 朗
澤田 朗
相続士、AFP
1971年東京都生まれ。設計事務所勤務を経て、2005年にFPとして独立。これまでコンサルティングを通じて約1,000世帯の家庭と関わる。現在は主に安心かつ円滑な相続/事業承継ができるよう遺産分割・土地評価・納税/節税対策等を、専門家とチームを組みアドバイスと支援を行っている。
また、住宅購入時の物件選びやローン計画・保険の見直し・ライフプランの作成等、各家庭に合ったライフプランの作成や資金計画のサポートを行っている。
澤田朗ファイナンシャルプランナー事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。