遺言書があったがために…。その2

前回は、公正証書遺言の作成方法についてお伝えしましたが、今回はこの遺言書があったがために、相続人間で不公正な遺産分割をすることになってしまった2つの事例をお伝えします。

まず2つの事例に共通しているのは、公正証書遺言が作成されたのが被相続人となる方が亡くなる数か月前で、作成された場所が被相続人となる方が入院していた病院のベッドの上だということです。遺言者が公証役場に足を運んで作成するのが基本ですが、入院中や自宅療養中の場合等公証役場へ行くのが困難な場合には公証人に遺言者のもとへ来てもらい、作成することも可能となります。

 

また遺言の内容が、1つめの事例は遺言者母親・相続人2人の子(姉弟)に対して、財産の全部を姉に相続させるという内容(相談者は弟)でした。2つめの事例は遺言者父親・相続人4人(後妻・後妻の子・先妻の子2人)に対して、先妻の子2人には遺留分相当額の現金を相続させ、残りの財産は後妻の子に相続をさせるという内容(相談者は先妻の子)でした。特定の相続人に対して極端に偏った割合の財産を相続させるという内容となっていました。

 

ここからは推測の域を出ませんが、両方の遺言者とも重篤な病気を患い、意識はあるもののほぼ寝たきりの状態であったということで、特定の相続人が財産に目がくらんだのか、自分に有利な内容で遺言をあらかじめ作成しそれを遺言者に読み聞かせ、それに頷くかたちで作成されたのではないかと勘繰ってしまうような内容です。

2人の相談者ともに遺言の存在を知らず、親の死後に姉や後妻の子から遺言の存在を知らされたことや、相続発生前までは親子間・兄弟間に特にトラブルは無かったということなのでなおのことです。公証人や証人、さらには病床ということで主治医の立ち合いもあったはずなので正当な手順で作成されたと思いますし法的にも有効な遺言ではありますが、相談者にとっては何ともやり切れない、金銭的なことはもちろん精神的にもショックが大きい遺言となってしまいました。

 

では今回の2つの事例のように、重篤な病気で入院をしている方が公正証書遺言を作成するには、どのような手順が必要なのでしょうか。こちらについては次回お伝えしたいと思います。

 

(続く)

このページのコンテンツを書いた相続士

澤田 朗
澤田 朗
相続士、AFP
1971年東京都生まれ。設計事務所勤務を経て、2005年にFPとして独立。これまでコンサルティングを通じて約1,000世帯の家庭と関わる。現在は主に安心かつ円滑な相続/事業承継ができるよう遺産分割・土地評価・納税/節税対策等を、専門家とチームを組みアドバイスと支援を行っている。
また、住宅購入時の物件選びやローン計画・保険の見直し・ライフプランの作成等、各家庭に合ったライフプランの作成や資金計画のサポートを行っている。
澤田朗ファイナンシャルプランナー事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。