相続は自分とは関係ないと思っていたが・・・・・。  

自宅とわずかばかりの預貯金を相続して・・・相続税はかからないと思っていたが、実は多額の相続財産があったという事例

ある日突然の病気であっという間に永眠した父親の遺品を整理していたSさん。世間でいうところの相続税とはまったく無縁と思っていたSさん。財産といえば、Sさんが生まれ育った自宅の土地20坪と父親から預かっていた預貯金がざっと300万円ほど。自宅は売っても1000万円ほどであると近所の不動産屋さんから言われていた。Sさんの母親はすでに他界していたのでだれも住まなくなった自宅を売却しようと決めていた。Sさんは、サラリーマンで10年前に購入したマンションのローンがまだ1000万円の残債として残っていたので、そのマンションのローンが完済できればいいと思っていた。売却にあたり土地と建物の権利証を確認しようと父親が愛用していた貸金庫を開けて思わず目が点になった。自宅の土地建物の権利証はもちろんあったが、それとは別に近県に60坪ほどの土地の権利証がでてきたのだ。どうも祖父から相続した土地ということがわかった。ただ、その土地は更地で何ら利用していない土地であった。貸金庫からは、そのほかにもなにやら国債やら株券やらいろいろとでてきた。あわてて家に戻ったSさんは、貸金庫の中身を整理してみると父親の残した財産がなんと1億円を超えるものであること知った。幸いにも相続人はSさん一人のため遺産分割に何も問題がないことに胸をなで下ろしたSさん。突然の父親の財産の発見に感謝するばかり。もちろん相続税の支払いが発生するために税理士のお世話になることになったが、それよりも父親の残した金融資産でマンションのローンが完済できた。そして自宅は売却せずに自宅の土地と県外の更地の土地にアパートを新築した。金融資産の利回りよりも圧倒的に高利回りの家賃収入に驚くばかりのSさんの人生は、相続後はアパートオーナーとなってとてもハッピーな生活に一転したのは言うまでもない・・・。それにしても、生前の倹約家で質素なおよそ消費生活とは無関係だった父親の生き方をあらためて見直してみれば・・財産を残すとこはそういうことかとただ感服するばかりのSさんであった。

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。