遺産のうち債務が多い、しかし、実家は失いたくない!

 

IMG_0425

「父が亡くなったので財産を調べてみると負債が多いんです、実家は失いたくないんです、どうすればいいですか?」と悲痛な叫びから始まりました。

どうやら何件か問い合わせをしたらしく、相続放棄を勧められ実家は諦めるしかないと言われたようでした。どこに聞いてもさほど変わらない返事しかもらえず、だんだん切羽詰まってきたようです。

法律の専門家にも聞いたのか確認したところ、一般的に一番敷居が低いと思われる士業さんには確認したとのことでした。

遠方の方だったので、実務的な支援を受けるのはお金の問題で頼むことは難しいとのことで完全に電話相談だけになりました。助けてほしいという悲痛なものを感じましたので、あくまでも方法の一つとしてという前提で、『限定承認者の先買権』というキーワードを持って、相続専門の看板を挙げている弁護士さんか司法書士さんに相談するようにアドバイスしました。そして、そのキーワードがすぐに理解できないようなら依頼はやめておくように追加のアドバイスもしました。その後どうなったかは残念ながら分かりませんが、相談料だけはしっかり振り込まれてきました。

『限定承認者の先買権』というのはレアなケースですが、我々相続士はあらゆるケースに対応できるように常にブラッシュアップしていかなければならないと思います。

 

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希
行政書士、相続士、CFP
東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。
ナカジマ相続士事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。