配偶者の法定相続分3分の2? 修正? 代案?

s_PEZ_2087_TP_V

以前よりニュースなどで取り上げられていたので、皆さんもご存知のことだと思いますが、相続法制の見直しにより「配偶者の法定相続分を現行の2分の1から3分の2に引き上げる」という試案がされていましたが、法務省が7月から9月に行なった意見公募の結果、反対意見が多数を占める結果となったようです。

試案では、結婚後の相続財産が一定以上増加した、婚姻期間が長期だったなどの場合に配偶者の法定相続分を増加させるというものでした。しかし、これは紛争の種が増えるだけですね。法制審議会では今後どのような修正や代案がなされるのかわかりませんが、相続の現場に影響が出ることは間違い無いでしょう。

余談ですが、個人的には婚姻1日でも配偶者に法定相続分2分の1の権利が発生する現行制度、どうにかならないかなと思います・・・。あの有名な俳優さんのところであった相続争いがまさしくそれです・・・。

 

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希
行政書士、相続士、CFP
東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。
ナカジマ相続士事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。