相続と空き家

img_0153

今、世間では「空き家」が問題になっています。空き家になる原因は様々なものがあると思いますが、そのひとつに相続があります。親の家(或いは相続人が生まれ育った家)を相続した結果、空き家になるというものですね。

何故、相続の結果空き家になるのか。大きな原因の一つが「共有」という方法を取った場合です。相続財産の中に不動産がある場合には、その「分け方」が問題となります。相続の専門家に相談することなく遺産分割協議を行う場合、一般的には「みんなで共有にすることが平等である」と考えてしまうのですね。

共有にすると1人は売却を考え、1人はアパート等の活用を考え、また1人は住居としての利用を考え、というように各々の考えが一致しない場合にはどの手段もとることができずそのままの状態になってしまいます。そして、そこに万が一にも共有者1人が亡くなると、その共有者の持ち分に対して相続が発生し、共有者が更に増えてしまいます。こうなると、ますます決着をつけることが難しくなり、現状維持となってしまい、その結果が放置された「空き家」なんですね。

もうひとつ大きな原因が、いわゆる「争族」です。誰が何を相続するか話し合いがまとまらないどころか、争い事に発展しまい、結果裁判となってしまう。長引けば長引くほど対象となる不動産は「空き家」としての期間が長くなります。

相続税がかかる世帯は相続発生後10ヵ月以内に申告しなければなりませんから、ある程度無理矢理でも遺産分割を決めてしまうこともあるのですが、相続税のかからない世帯の場合、10ヵ月以内という制限がないのでいつまでも争ってしまう可能性があるんですね。しかし、基礎控除等の減額により、今まで以上に相続税に係る世帯が増えてくるので悠長に争っていられない世帯も増えてくるでしょう。

相続で一番重要なのは、「相続財産の分け方」です。分け方がうまくいかず協議がまとまらなければ、いろいろな税金対策等を講じていたとしてもすべて無駄になってしまう可能性があります。

節税対策の前に考えなければならないのが納税対策、そしてその前に考えなければならないのが「分割対策(分け方をどうするか)」なんです。

順番を間違えたために、様々な悪しき結果を招くこともあります。

そうならないように、しっかりと準備をしておきたいものですね。

あっ、それともうひとつ。相続の手続等に関わる専門家が原因の場合もあります。何かというと、一般的な相続の手続きだけを行い、それで終わりというパターンです。相続した財産をどうするか、相続人のライフワークの中でどう活用するか、何のアドバイスもできていないんですね。

自分にあった専門家を選ぶことは難しい事かもしれませんが、非常に大切なことなんですね。いざという時、しっかり専門家を選んでください。

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希
行政書士、相続士、CFP
東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。
ナカジマ相続士事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。