お墓の引越しは大変? Part1

我々相続士は、相続開始前の財産調査、遺言作成などの様々な準備や相続開始後の相続人確定調査、相続財産確定調査、遺産分割協議、移転登記、相続財産の活用などを各専門家とのコワークで支援していきます。つまり、相続というコアを中心に様々な周辺支援を行なっていくわけです。

終活というくくりになっている事柄でも同じで、必ずと言っていいほど相続に関係してきます。その中には「お墓」という問題があります。この問題、相続開始前にはさほど問題にはなりにくい事柄だと思いますが、家族構成などの様々な要因によっては、相続開始前から燻り始めて、相続開始後すぐに、あるいは、数年後に、問題として表面化してくることがあります。

「お墓」というのは承継者がいるからこそ継続して成り立っていくわけですが、少子化により「お墓」を承継して供養していく人が減っているのも現実です。そういった社会情勢の中、個々の問題が浮上していくのです。

一人っ子同士が結婚した場合、自分の親あるいは先祖のお墓と配偶者の親あるいは先祖のお墓の面倒を見なくてはいけません、お互いのお墓の場所が近ければ良いのですが、距離が離れているとこれまた大変なことになります。春秋のお彼岸とお盆の年に3回お墓参りに行っていたものがだんだんと回数が減り、年に1回、2年に1回、数年に1回、ほとんど行かない、となってしまう可能性もあります。

これは一人っ子同士の結婚の場合に限りません。相続人である姉妹が結婚していると、嫁ぎ先のお墓の面倒がメインになってしまい、実家のお墓の面倒が手薄になることは十分にあることです。

また、長男が祭祀承継者として相続した場合でも、実家は地方で長男の住まいは都心なんてことも十分にあることです、この場合には「お墓」の面倒をみたくても物理的になかなか難しいということになります。

このようなケースの場合考えられる手段の一つに、「改葬」という方法があります。「改葬」とは「遺骨を他の場所に移すこと」を言いますが、ここでは「お墓の引越し」と表現したいと思います。

「お墓の引越し」をするには、様々な問題や手間のかかる手続き等があり、安易にできるものではないと思いますが、当事者にとっては必要であり真剣に考えなければならない問題でもあります。

我々相続士も有効なアドバイスや支援ができると良いのですが、、、。

次回、「お墓の引越し」のする上での問題点や手続きの概要等に触れていきたいと思います。

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希

行政書士、相続士、CFP

東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。

ナカジマ相続士事務所


相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。