情報に翻弄されず何が大切かを考える

先日相談を受けたMさん、嫁いだ娘さんが1人いますが、配偶者に先立たれて現在1人で生活をしているとのことです。

Mさんの最大の関心ごとは、現在住んでいる家をどうするか、でした。

最初のやり取りは以下のようなものでした。

 

Mさん:「私がいなくなった後、この家をどうしようかと、そればかりが気になって」

私   :「どうしたいと思っているのですか」

Mさん:「私が元気なうちに売ってしまおうかと」

私    :「娘さんとはお話ししたのですか」

Mさん:「娘は継ぐと言っています」

私   :「娘さんが継ぐことに何か問題はありますか」

Mさん:「継いでも管理できないのではないかと思います」

私   :「その件に関して娘さんとお話ししましたか」

Mさん:「そこまで話していないけれど、今は空き家が問題になっているでしょう、

売った方がいいと言っているし・・・」

私   :「娘さんはこの家で生まれ育ったのですよね」

Mさん:「はい、そうです」

私  :「子ども側から言えば、生まれ育った家というものには思い入れがあるのでは

ないでしょうか」

Mさん:「そうですね、想い出がいっぱいあるでしょうから・・・」

Mさん:「娘ともっと話した方が良さそうですね」

私   :「それがいいと思います」

Mさんはテレビなどで空き家問題について出演している専門家等の話を聞いて、自分が元気なうちに売却してしまうのが一番いい方法だと思っていたようです。

確かに、負の遺産になってしまうくらいなら本人が生前に処分してしまうというのも方法の一つです。相続人がいないのであれば、かなりの確率でその方法が選ばれるかもしれません。

しかし、今回の場合は相続人(娘さん)がいて、その相続人(娘さん)の意向としては承継したいというものです。

それを無視して売却というのはいかがなものでしょうか。

また、Mさんに細かく尋ねたところ、売却によって生じる一時所得の所得税に関することや売却に伴って翌年の後期高齢者医療保険や介護保険の自己負担割合が増える可能性もあることなど、ほとんど考えていなかったようでした。というより、知りませんでした。

特に一時所得に関係する取得費の話などはまるっきり理解しておらず(通常は理解していないのが当たり前の話かもしれません)、購入時の書類があるかも不確かな状態でした。

結局、娘さんとよく話してみるということで、今回は決着し、それでも売却ということであればそれに関してはお受けする旨お伝えして、相談を終了しました。

今回のMさんのように、情報に翻弄されて、まず何が大切なのかということを見失ってしまうケースがあります。

我々相続士は、情報に翻弄された相談者や依頼者をより正しい方向へ方向修正するための支援も必要なのではないでしょうか。

相続という迷路に迷い込まないために。

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希
行政書士、相続士、CFP
東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。
ナカジマ相続士事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。