本当の専門家? エセ専門家?

IMG_0412

依頼者(子供)は東京、親(被相続人の配偶者)は地方に住んでいる状況で、相続手続支援の依頼を受けたときのことでした。

こちらで依頼者とともに完璧に書類を揃えいつでも手続オーケーの状態だったにもかかわらず、被相続人の配偶者の間接的な知り合いという〇〇〇士の方が、こちらから郵送済みの書類の一部を貸してくださいと言って持ち出し、手続に足りない書類があると勝手に動き出したところ、依頼者に気づかれストップがかかりました。

親は正式に依頼していないとのことなので揃えた書類も全て見せていないから手続上書類が足りないと思うのは当たり前。なのに、不要な書類(すでに揃えてある)を揃え手数料を請求しようとしていました。依頼者からその件で相談がありましたので、契約書(業務委託契約書)があるか否か確認するようにアドバイスしたところ、案の定、契約書もなく、見積書も小出しに出すような準備をしていたようでした。結局、被相続人の配偶者の間接的な知り合いという〇〇〇士の方は手続の全体像が見えていないので、行き当たりばったりで必要なことを見積もって請求していくというやり方かなと、依頼者からの報告を聞いてそう思いました。

後日全て無事完了しましたが、困った輩が増えてきそうです。

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希
行政書士、相続士、CFP
東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。
ナカジマ相続士事務所

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。