家政婦 対 実娘 ・・・遺言の争いは?

IMG_0396

少し前の話になりますが、資産家の女性が「遺産は全て家政婦に渡す」という遺言を遺して亡くなり、実娘2人が遺言無効と遺産の返還を求めた訴訟がありました。判決では、「介護をせず資産のみに執着する実娘2人と違い、家政婦は資産家女性に50年以上も献身的に仕えてきた。遺産で報おうとした心情は自然だ」と判断され、家政婦の女性を全面勝訴、実娘側に宝石類や約3千万など資産家女性が死去した当日などに自身の口座に移した全遺産の返還を命じました。

このような事例の場合によく言われるのが、遺言の有効性を法的に保障する「公正証書遺言」の活用の勧めです。

果たして、公正証書遺言にすれば、それで良いのでしょうか?確かに法的に有効であるか否かは重要ですが、問題はそれだけではないと思います。遺言の書き方、付言事項の活用等押さえておかなければならないポイントがあります。そこを間違えてしまっては、結局のところ・・・です。

このページのコンテンツを書いた相続士

中島 浩希
中島 浩希

行政書士、相続士、CFP

東京都小平市出身。法政大学経済学部卒。リース業界・損害保険業界を経て、2007年相続・事業承継に特化した事務所を開設、同時に、相続支援ネットにメンバー加入。「円満な相続」をモットーに、遺産分割対策支援・遺産分割協議支援など相続・事業承継支援を行う遺産分割に特化した相続士。あらゆる層の相続において問題の所在と解決の方向性を示す的確なマネジメントと親身な対応には定評がある。日本相続士協会理事、日本相続士協会試験委員、相続士上級養成スクール専任講師。

ナカジマ相続士事務所


相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。