ニュースレター創刊について報告します。

みなさんこんにちは。相続士・終活士の木本です。
秋が深まり、朝夕の冷え込みが強くなって来ましたね。
風邪などひかずに元気にお過ごしでしょうか?

ところで今日は、わたしが無謀にも、
10月に創刊したニュースレター『じんわり通信』に
ついて報告させていただきます。

大きさはA4を二つ折りしたもので、
やや厚手のコピー用紙(クリーム色)を使用しました。

内容は、創刊のご挨拶、運営者の紹介、お便りの趣旨、
独創的な考えや活動をしている人を紹介するコーナー、
井戸端会議的な話題、エンディングノートの会の報告、
季節のコラム、編集後記という構成になっています。

営業的なメッセージはほぼゼロです。ウリウリな紙面
だとダイレクトメールと同視され、読んでもらえないと
考えたからです。

お客様や日頃お世話になっている方、友人などなどの、
受け取っていただけそうな方にお渡ししてみたところ、
ありがたいことに、予想以上にたくさんの嬉しい反響
をいただくことができ、手ごたえを感じております。

嬉しかった反響をいくつかご紹介します。
・面白かった、次号を楽しみにしていますという声
・紙面づくりに参加したいというありがたい声
・仕事を手伝いますよという税理士さんからの声
・一緒にセミナーをやりませんか?というオファー
・不動産業を手伝ってくれませんか?というオファー
などのほか、仕事に関するアドバイスや、

楽しい、笑えるご意見ご感想もいただきました。

たとえば・・・

・シンフロの足の写真は木本さんの足ですか?
→違います(笑)

シンフロナイズドスイミングの足

シンフロナイズドスイミングの足

・シンフロの足の写真ちょっと怖いですね!
→犬神家の一族を連想しましたか?(笑)

犬神家の一族

犬神家の一族

・編集委員のよしこさんは誰ですか?
→それはヒミツです。(笑)

ではまた来週お目にかかりましょう!

このページのコンテンツを書いた相続士

木本 直美(じんわり)
木本 直美(じんわり)
【大分相続遺言相談室】
2015年より相続・終活・エンディングノートの活動をしています。
保有資格は相続士(上級)・終活士・宅建士・経営学修士です。
よろしくお願い致します。

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。