相談者とのコミュニケーションについて

こんにちは。上級相続士じんわり こと木本直美です。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて今日は相談者とのコミュニケーションの取り方について

一例を挙げてお話ししようと思います。

 

8月14日、相談者のお宅のお仏壇にお参りに行ってきました。

目下、遺言書作成のお手伝いをさせていただいている方です。

 

「あんたはお盆休みも働くんかえ?」と驚きながらも、

お茶にお菓子と歓待され、帰りに手土産までいただきました。

 

私は私で「今日は仕事じゃありませんよ」と言いつつ、

ついでに今後の流れを説明して委任状をもらいました。(笑)

 

親戚でもない他人の家の仏壇にお参りするなんて・・・と

思われるかもしれませんが、ご先祖を大事に思う気持ちに

血縁関係があるかないかなど関係ないのです。

obon_butsudan

連絡手段は携帯電話やメール、情報収集は新聞やテレビより

インターネットやSNSの利用がごく当たり前になりましたが、

相続の仕事をする上でリアルなアナログ活動はより重要だと

私は考えています。

 

リアルなアナログ活動にもいろいろありますが、

一定以上の年齢の方にとって、(地方においては特に?)

仏事が大きな意味を持つものですし、そして、

先祖のお墓、仏壇、仏事を大事にしている人にとって、

お盆やお彼岸は大きな意味があります。

 

目上の方から信頼していただくのは難しく感じるものですが、

相手が大切にしている価値観の理解に努め、尊重することで、

案外スムーズに良好な人間関係を築くことができるのです。

 

このページのコンテンツを書いた相続士

木本 直美(じんわり)
木本 直美(じんわり)
【大分相続遺言相談室】
2015年より相続・終活・エンディングノートの活動をしています。
保有資格は相続士(上級)・終活士・宅建士・経営学修士です。
よろしくお願い致します。

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。