公証役場で打合せをしてきました。

こんばんは。相続士の木本直美です。

今日は大分公証役場で打合せをしてきましたので、

その報告をさせていただきます。

 

今日は3件分まとめての相談でした。

1.K家のご主人から奥様への自宅建物相続のための遺言

2.K家の奥様から孫への自宅土地および建物の遺贈遺言

3.Y家の将来型成年後見契約

 

1.と2.は、K家のご主人から奥様への相続と、

奥様からお孫さんへの遺贈という二段階の資産移動を

2通の公正証書遺言書で実現しようとするものです。

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s

 

K家の自宅建物と隣接する建物はご主人の名義で、

建物が建っている土地は奥様の名義です。

 

K家には息子さんがふたりいらっしゃるので、

通常であれば、ご主人が亡くなったら、奥様に2分の1、

長男と次男に4分の1ずつ移動すれば良いのでしょうが、

事情があって、

「息子たちを飛ばして直接孫へ渡したい」と、

たってのご希望です。

 

そもそもの相談者はK家の長男さんなので、

本来なら長男さんの意向を最大限尊重すべきですが、

この件に関する事情は家族間のデリケートな問題であり、

ざっくり一刀両断に処理できる問題ではなさそうでした。

 

長男さんに意思確認したところ、

「両親の希望を最優先してください」とのこと。

 

遺言書で処理できるか、信託を使うしかないのか・・・?

 

信託を利用するとなった場合、

信託費用がかなりかかってしまうのではないか

と気になったので、7月に大阪に出張した折、

 

上級相続士である司法書士Aさんに相談したところ、

「二段階の遺言書で対応できますよ」との助言をいただき、

公正証書遺言で対応することにしました。

 

Aさん、ご助言ありがとうございました。

 

Y家の後見については後日報告したいと思います。

このページのコンテンツを書いた相続士

木本 直美(じんわり)
木本 直美(じんわり)
【大分相続遺言相談室】
2015年より相続・終活・エンディングノートの活動をしています。
保有資格は相続士(上級)・終活士・宅建士・経営学修士です。
よろしくお願い致します。

相続士資格試験のお知らせ

日本相続士協会が開催する各資格試験に合格された後に、日本相続士協会の認定会員として登録することで相続士 初級・普通・上級 資格者として認定されます。